いぼによる悩みは病院で!いぼのでる場所や適切な治療方法

老人性いぼの対処方法

女性

老人性いぼのしくみ

老人性いぼは、ヒトパピローマウイルスが原因ではなく、年齢による衰えが原因となります。具体的に説明しますと、新陳代謝の力が弱まっているせいです。人の体に悪影響を及ぼす紫外線から身を守るために、肌はメラニン色素を出して肌をガードします。その際、肌は変色するのですが、これは表面だけなので新陳代謝によって肌の表面はいずれ赤となり、再び普段の色の肌に戻ります。しかし、老化によって新陳代謝の力が衰えると、メラニン色素が沈着した肌はいつまでも体に残ったままになります。この状態が積もり積もっていくと、表面が角質化していき、盛り上がってしまいやすくなります。これが、いわゆる老人性いぼの正体です。なお、老人性いぼの正式名称は脂漏性角化症といいます。これは老人だけではなく、紫外線を浴び続ければ若い人にも出来る可能性があります。そのため、紫外線にはお気をつけください。

予防のために

老人性いぼの予防方法は極めて簡単です。紫外線によって発生するため、紫外線をある程度防げばいぼの発生もなくすことができます。日焼け止めや日傘、帽子などをかぶって日光を避けましょう。といっても、ある程度人は紫外線を浴びるのも必要なので引きこもりすぎないようにお気をつけください。また、乾燥肌も実は危険です。メラニン色素によるバリア機能が衰えてしまい、紫外線のダメージを受けやすくなってしまうからです。スキンケアによって肌の潤いを保ち、いぼ対策をきちんとしましょう。

治療の方法

老人性いぼの治療は、基本的に従来のいぼ治療と同じです。レーザー、もしくは液体窒素による除去です。また、いぼのサイズが明らかに大きい場合は、レーザーなどでは対処ができないため、外科治療による切除を行ないます。こちらはメスを用いての手術になりますが、基本的に縫合などをする必要もなく、削り取るように切除するため、傷もすぐに目立たなくなります。老人性いぼは、いわゆる皮膚が盛り上がっているだけの状態なのでとくに切除する必要はありません。しかし、見た目的にもあまりよろしくないため、あまり気に入らないのであれば切除したほうが良いかもしれません。見た目を気にするのであれば、レーザー治療のほうが早く終わり、痕も残りにくいです。

To Top